面接では気持ちを込めた言葉で伝える

面接では気持ちを込めた言葉で伝える 外国人からすると、携帯電話などでお辞儀をしながら話をしている人は少し変に感じるようです。お辞儀をするのは通常は相手が目の前にいるときに行うことでしょう。電話の場合は相手には見えません。なぜお辞儀をするかですが、それは気持ちを込めて話をしているからです。電話と言え相手に何かを伝えたい時には軽い言葉では伝わりません。きちんと伝える必要があります。

面接を受けるときにどうこたえるかですが、電話でお辞儀をするような気持ちでこたえる必要があります。普通人と顔を合わせて話をするときにはある程度気持ちを込めてできます。しかし異常に緊張している状態ではそれが難しい場合があります。緊張のために言葉がうまく出せなかったり、途中でストップしてしまうこともあります。それがまずいと事前に練習をすることがあります。

きちんと答えられるようにと練習をするのは悪いことではありません。でもあまり練習をしすぎてしまうと練習のような受け答えになることがあります。まるで文章を読んでいるように、前に覚えたことを絞り出すように話してしまうことがあります。これでは気持ちが伝えにくい場合があります。ある程度文章を覚えたり練習も必要ですが、気持ちを込める話し方も意識するようにします。

関連リンク

Copyright (C)2020面接では気持ちを込めた言葉で伝える.All rights reserved.