面接はシミュレーションをしてパターンを覚える

面接では気持ちを込めた言葉で伝える 大学などで4年生になると就職活動が本格化します。さすがに4年生になってから始めていては遅いこともありますが、準備をしておく必要が出てくることもあります。大学などが便利なのは就職課がありいろいろなサポートをしてくれることです。学生が悩むであろうことを相談にのってもらえるようになっています。学校側がセミナーなどを開催してくれることもあります。

大学で行ってくれるもので便利なのが模擬面接です。シミュレーションとも言います。実際にどう行うかを就職担当者が試してくれます。部屋への入り方、着席の仕方、質問への応答の仕方などを知ることができます。学生の場合はまだしたことがない人が多いですから行っておいた方が良いでしょう。間違った方法を行っていることもあります。正しい方法を知っておく必要があります。

転職の時には大学に頼ることができません。就職してすぐなら要領がわかることもありますが、10年近く離れていると忘れていることもあります。この時には転職アドバイザーなどrの利用をしてみましょう。転職サイトなどに登録をしておくと一定のサービスが受けられる場合があります。その一つにシミュレーションがあります。業種や社名などを伝えておけばそれらに合わせて行ってくれます。

関連リンク

Copyright (C)2020面接では気持ちを込めた言葉で伝える.All rights reserved.