面接のときに履歴書持参をする

面接では気持ちを込めた言葉で伝える 転職の時にはそのあとのスケジュールは様々です。最初のコンタクトが電話のこともあればインターネットから、電子メールからのこともあります。そして書類を先に送ってくださいといわれることもありますし、エントリーシートにデータを入力しておいてくださいといわれることもあります。事前に履歴書を送る場合には履歴書での書類審査があります。それで落とされることもあります。

面接のときに履歴書を持ってくるように言われることがあります。この時にはとりあえずは書類審査のみで落とされることはありません。しかし対応を間違えると印象を悪くしてしまうことがあります。印象を良くすることも大事ですが、それよりも悪くならないようにすることが必要です。良い印象ばかりに注意してもある程度の限界があります。

渡すときには封筒に入れて持っていきます。できれば2つ折りが良いでしょう。小さい封筒だと3つ折り、4つ折りになることがあります。すると文字の部分が折れ曲がるので見にくくなることがあります。形式なのであまり気にしないかもしれませんが、少しでも良くする気遣いが必要です。鞄の中に入れるときも裸のままで入れておくと汚れたりします。手渡しの時にも封筒に入れておくときれいな状態で渡せます。

関連リンク

Copyright (C)2020面接では気持ちを込めた言葉で伝える.All rights reserved.