面接で最初に自己ピーアールをしてよいか

面接では気持ちを込めた言葉で伝える 商品を販売する営業担当者はどんどん自分の商品をアピールします。それが売り込むときの重要な手段になります。しかし初対面の相手にいきなり商品のことを言われても困ることがあるでしょう。まだ信頼関係が築かれていない状態でいわれても本当にその内容が正しいかどうか疑いながら聞くことになります。これはその他の時にも当てはまることがあります。

面接のときにはもっとも最初に聞かれることがあります。それは自分自身のことを話してくださいと言われます。通常は履歴書の中でも特に左側部分に記載することを伝えます。履歴書に書いているから伝える必要がなさそうですが、これをきちんと話せるかどうかを確認するために行っています。自分の名前、住所などをきちんと話、学歴や職歴などがあれば年数なども正確に伝えるようにします。

この時にあまり簡単に話しすぎると時間が余る感覚になることがあります。それを埋め合わせようと自己ピーアールをしてしまうことがあります。最初の話では1分から1分30秒ぐらいの話です。一方自己ピーアールはそれだけで数分話をしないといけないこともあります。これを最初に入れてしまうと長々と話してしまうことになります。担当者にも聞いていないことを話していると悪い印象を与えることになります。

関連リンク

Copyright (C)2020面接では気持ちを込めた言葉で伝える.All rights reserved.