面接に遅れてしまいそうな場合

面接では気持ちを込めた言葉で伝える 面接では遅刻をしてしまう可能性がある状況になってしまう場合もあります。その際はしっかりと連絡をするようにしましょう。連絡なしでは自分がもう来ないのではないかと考えられてしまいますし、なにも連絡をしないで遅れてしまうと面接さえして貰えない場合もあります。これではわざわざ自分が足を運んだのに全く収穫が無い状態になります。自分が原因で遅れてしまうと伝えてしまうと、印象が悪くなってしまうと言う部分は変わりませんが、全く連絡をしないよりは印象が悪くならないので、連絡は確実に行うようにしましょう。

また全く印象が下がらない場合もあります。自家用車を所有していない方や駐車場の都合で車を使えない場合もあります。自家用車を使用できない際は公共交通機関を利用しますが、公共交通機関の遅れは自分の責任では無いので、その部分をしっかりと伝えるようにしましょう。伝えないでただ遅れてしまうと伝えてしまうと、自分の印象が下がってしまう事になります。公共交通機関の遅れと伝えると面接を受ける企業から何らかの指示があります。遅れてしまった証明を持ってきてほしいなどが代表になりますが、その際は言われた通りに証明を持っていくようにしましょう。

関連リンク

Copyright (C)2020面接では気持ちを込めた言葉で伝える.All rights reserved.